リーグ最終戦、日曜だったんで行きました。同日にレディースの皇后杯がかぶってて、どちらに行こうか悩んだのですが。

長かったリーグ戦の最後の試合。浦和が勝ち広島が負ければ年間勝ち点一位になれる試合。

なのに何かモヤモヤ。

最終戦なのにこれで終わりじゃない。ファーストステージ優勝した浦和はチャンピオンシップの出場権をもう持っている。勝てなかったとしても次には繋がる。本来ならもっとピリピリしてていいはずのリーグ最終戦なのに何か違うふいんき。(何故か変換できない

試合には勝利したものの広島も勝ったため年間一位には届かず。代表の挨拶だけのセレモニーと啓太の退団セレモニー(結果的には引退セレモニー)を終え帰路につく。

リーグ戦は終わったがどのチームもまだシャーレを掲げていない。終わったんだか終わってないんだか・・・

以前のチャンピオンシップならファーストステージ覇者の浦和とセカンドステージ覇者の広島との年間王者を決める戦いだったが、ここに年間3位のガンバが絡んでくる。浦和との勝ち点差は9もある。

シャーレをめぐる戦いなのにカップ戦。っとそれより前にリーグのファーストステージ覇者なのにチャンピオンじゃなくウィナーだったな。もう何が何だか・・・

2006年に優勝した時と同じ勝ち点72を積み上げながら広島に届かなかった。本来ならこの時点でもうチャンピオンではない。そう考えたなら浦和にとってのチャンピオンシップはおこぼれを拾う大会。そもそも2ステージにも複雑怪奇なレギュレーションのチャンピオンシップにもサポーターは異を唱えてきた。

じゃあもうチャンピオンシップのスタジアムへは行かないのか。年間2位という結果を粛々と受け止め、ピッチで戦う選手をテレビ越しに見るのか。

一体このレギュレーションで誰が喜ぶんだろう。誰の得になるんだろう。

 

まそりゃチャンピオンシップを勝ったチームか。でも今はモヤモヤしてたまらんわ。

DSC_0231

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください