始まる前は大雨。
しかし熊谷には駒場にないおっきい屋根。

2014-06-22 11.41.08

いーやーねー。(´∀`*)

えー、 試合ですが…

見た限り最初は去年駒場で対戦した時のように、相手の浅い最終ラインの裏を狙って蹴り込もうとしてたんです。
が、今回の伊賀は素早いプレスでこちらの狙ったようなプレーをさせてくれません。
そのうちそのプレスから素早い攻守の切り替えで伊賀が主導権を握り始め、こちらはいたずらに走らされるばかり。セカンドボールもことごとく相手に…。

という序盤でした。
しかし、今日キレッキレだった彩乃が相手のパスをインターセプトすると持ち上がり中央の吉良へ、これを吉良がキッチリ決めて浦和先制。
前半を終えます。

後半に入ると伊賀はレンタル中のオージーKKを投入。
中盤はほとんど伊賀のもの。こちらは右サイドで華が果敢な突破を試みますが、試合のペースをたぐりよせるまでには至らず、押される展開が続きます。

徐々に選手の走力が落ちてきた頃、目立ってきたのはそれでもなお前線でボールを追う三知の姿。
そのプレスが少しずつ浦和にボールをもたらし、相手ゴール前の混戦からこぼれたボールを中盤から岸川が狙いすましたミドルシュート。これが入って浦和が追加点。
そこからは浦和の選手の動きが良くなり、終盤はしっかりポゼッションして試合をクローズ。
キッチリ首位を守りました。

DSC_0135

勝った瞬間は嬉しかったですが、ちょっと時間を置いて思い返したらペースを握っていたのは伊賀の方が長かった。公式記録(pdf)を見てもシュート数は伊賀が上回ってた。
しかし結果勝利したのは浦和。しかもまた無失点。
より高みを目指してる選手達個々に課題はあるかと思いますが、チームとしては本当に勝負強くなりました。
去年の経験をしっかり生かし、モノにしてる。
また次もがんばろうね。(´∀`*)

あ、それと、後半途中に負傷して担架で運び出された乗松ですが、試合後普通に歩いていて「大丈夫かい?」と声をかけたら「大丈夫です!」ですってよー。

閑話休題。先々週JEFL戦の後にREDSの映画を観てきました。
映画の出来どうこうではなく、イマイチときめかなかった。
やはりFootballは生モノ。今目の前で戦っている選手をサポートし、共に勝利を目指す瞬間に勝るモノなし。なんだよねボクてきには。
ワールドカップでJリーグが中断中のこの時期。同じ浦和という名のもとに戦ってる選手達がいます。
彼女らはアカデミーではない。日本のトップリーグで日本一を目指して戦う女子のトップ選手です。Girls in REDなんです。
「調子がいい時だけ見に行くのもなぁ…」などと言わず、是非現地で彼女らの頑張りを見て、応援したって下さい。
みーんなWelcomeですよ。(*´∇`)ノ

2014-06-22 12.47.44


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください