サーセン。なでしこの方ね。

スクリーンショット 2013-11-14 00.14.48

なでしこL大会方式変更、リーグ戦後に上位と下位で再びリーグ戦(スポニチ)

10チームが3月30日から7月下旬までのレギュラーシリーズ(仮称)で2回戦総当たりで戦った後、9月中旬から上位6チームがエキサイティングリーグ(同)、下位4チームが下位リーグ(同)に分かれて2回戦総当たりで対戦する。

勝ち点は合算する方向で検討、1月の理事会までに決定する。リーグカップは廃止する。エキサイティングリーグの1位が年間優勝、下位リーグの最下位が下部リーグに自動降格、同3位は入れ替え戦に回る。レギュラーシリーズ1位に国際女子クラブ選手権の出場権が与えられる。

方式変更、流行ってるの?w。

確かに、なでしこリーグはチーム数が少ないですから、2回総当たりでも18節。
Jリーグの約半分ですから、ひとつひとつの試合での勝敗が重いっすよね。
闘いながらチームを作り上げていったり、若手を積極的に起用するのは勇気がいります。
2ステージ制でも良かったかもですが、なでしこリーグの選手達はアマチュア選手が多いので、平日開催は難しいでしょうから、このくらいの試合数が妥当なとこでしょうかね。
ポストシーズンも2回総当たりなら公平ですしね。

ただこの方式に変えたとして、どれだけ世間一般にアピールして注目を集められるかというと、さほど変わらないかなぁ…。
そこはまた別に露出の方法を考えて欲しい気はしますね。

ちなみに、もし今年この方式でリーグが開催されていたとしたら…レッズレディースは下位リーグに沈んでいたかも知れません。
結果6位になったとは言え、7月くらいまでは苦戦してましたからねぇ。
ただ、リーグ後半に見せてくれたコンビネーションや攻撃のアイデア、セットプレーでの決定力などを見ると、来季はいい結果を残せるかも…という期待を抱かせてくれます。

大幅にメンバーが変わったりしなければ、ですけどね…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください