【2013Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝 国立競技場バックスタンドにおけるコレオグラフィー実施について (Jリーグ)

 来たる11月2日(土)に開催する「2013Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝」の選手入場時に、国立競技場 バックスタンドにて『コレオグラフィー』を実施する予定です。
本企画は昨年に引き続き実施するもので、バックスタンド側全面を使用いたします。決勝の舞台に入場する選手を最高の雰囲気で迎えるために、ぜひご参加ください。

スクリーンショット(2013-10-20 18.25.39)

気持ち悪い!いや!やめて!

なんか最近Jリーグには文句言ってばっかしだけど、何の意味があるのか全く分からない。
チェアマンと本部長が来て2人でやんなよ。お仕着せすんなって。
決勝の舞台は勝ち上がってきたチームのもんでしょ。
しかもいよいよ決戦が始まろうって時に、何で「お祭り」の手伝いしなきゃなんないのさ。

ちなみに、私の記憶が確かならば浦和がやってるのはコレオグラフィーではなくビジュアル(ビジュアルサポート)と呼んでいるはず。
絵を完成させるのが目的じゃないよ。
それによって選手を鼓舞する。そしてスタンドでシートを掲げる人達にも「サポートに参加してる」実感を感じてもらい、より多くの力でチームをサポートする役目がある。(と思う)。

決勝の舞台を盛り上げようなんて思ってないよ。
勝ってカップウィナーになるためにみんなそこにいるんだ。
何で関係ないモノを掲げさせられなきゃいかんのよ?

何年か前にとあるJ2の試合を見に行った時に、試合前クラブ主導でオーロラビジョンに歌詞を映してチャントの練習をしてるのを見たんだけど、その時に感じた違和感と全く同じ。
何でもかんでも主催者が用意するようになっては、そのうちサポーターは何もしなくなって、どのクラブも同じようなサポートしかしなくなるんじゃないかな。
フットボールはスポーツであると同時に文化でもある。
ドコに行っても同じモノが買えるコンビニみたいになっちまうぜ?

やめるよう考え直してくれないかなー。
ダメだろうなー。既存のサポーターが言う事なんて聞きゃしないもんなー。
さて現地に集う皆さん、あなたが座るシートに官製コレオ用のシートと自分がサポートするチームのビジュアル用のシートが置いてあったら…あなたどちらを上げますか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください