サポーターからだけでなく、選手や監督からも今回のリーグ改革案に対する反応が出てきてるようです。
ボクのツイッターTLからざっと拾ったもので…

浦和・坪井、2ステージ制に戸惑い/天皇杯(サンスポ)

浦和一筋12年目で、横浜Mとチャンピオンシップを戦った04年当時を知る坪井は「最多勝ち点を取ったのに優勝できなかった。何ていっていいのか分からないが、個人的には1ステージ制の方がいいのではと思う」と複雑な表情だった。

槙野は「前後期を分けるよりは、年間を通してチャンピオンを決める方が…。やっている僕らもサポーターも(心情的に)難しい」と神妙な面持ちだった。

J1仙台、あすホーム大分戦(河北新報)

<2ステージ制に選手困惑>
Jリーグが2015年シーズンに前後期の2ステージ制を導入する方針を固めたことに、仙台の選手から戸惑いの声が上がった。
昨季、広島で優勝を経験した石川大は個人的な意見と断った上で「1年を通して強かったチームが報われない」と困惑する。前後期の各2位以上が参加して年間優勝を決めるポストシーズンの新方式に触れ「仕組みが分かりづらい。今のままでいい」と強調する。
「新方式に何もメリットを感じない」と松下。佐々木は「(新方式は)優勝するチャンスが増えるという見方もできるが、現段階で良しあしは判断できない」と語った。

2ステージ制に疑問の声 新潟・柳下監督「若手が伸びない」(フットボールステーション)

方式変更を決めたJ1・J2合同実行委員会に出席した新潟・田村社長は「今のやり方が公平で分かりやすく、これが本来のやり方」と05年から続いている1シーズン制を支持。柳下監督も「チームづくりが難しいところもあるし、あまりいいことではない」と話し、収入増をもくろむリーグに対し「単なる収入のためなら長続きしないのではないか」と苦言を呈した。

 2ステージ制になると1年を見据えた選手起用が難しくなる。柳下監督は「短期決戦になるのでチームを早く仕上げていかないといけないし、若手を長い目で見て使えなくなるので伸びていかない」という。また、第1ステージで不振だった場合に「お金があるチームは(補強で)選手を入れ替えてくる」と”格差拡大”の可能性にも言及した。

なんなんすかこれ。

現場の意見とリーグ、バラバラやんか。
一体何のために実行委員会があるのよ。
クラブの代表ってのはガキの使いなのか?
現場の声が全然反映されてないじゃないのよ。

マリノスの小林祐三選手に至っては実行委員会の翌日にこれっすよ。

んで先ほどフジテレビのすぽるとでこの問題を取り上げてましたが、「今日の柏vs磐田戦ではサポーターの反応は無く…」と言ってました。

が、

うそつくんじゃないよ。つかろくな取材してねーじゃねーか。
で、大体この手の話題の時テレビはゴール裏のコアサポばかり映し出しますが、スタジアムにはメインやバックスタンドでゆっくり座って観戦しているお客さんもいっぱいいるんです。
みんながみんな総立ちで大声出してるわけじゃないんすよ。
それがスタジアムに来たことのない人に伝わらないから、
「立って騒がないといけないんですか?」とか「なんかサッカースタジアムって怖そうで…」とか誤解されちゃうんだわ。全然そんな事ないのに。

ちょっと話が横道逸れましたが、サポのみならず監督や選手にも十分な説明もないようなこんな状況で、ホントに17日の理事会で決定しちゃっていいんすか?
ホントに他にやれる事ないのかよ。
2015年までまだあるんだからもうちょっとJリーグに関わるみんなで考え直した方がいいんじゃないの?

いや、考え直すべきでしょ。

つか考え直せよ!!

スクリーンショット(2013-09-12 2.10.16)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください